読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

バルザック『ゴリオ爺さん』下  ★★★☆

海外文学

ゴリオ爺さん (下) (岩波文庫)
ゴリオ爺さん (下) (岩波文庫)
バルザック,高山 鉄男
 ……ひ、ひどい。爺さんが哀れすぎて見ていられない。上巻はラスティニャックメインな感じだったけど、下巻は彼目線でのゴリオ爺さんがたくさん描かれている。最期にあの娘らは自分を愛してなんかいない、そんなの分かっていた、って言い出す爺さん……。
 お金がなくちゃ生きてけないけどねえ。にしても……バルザックは音楽小説を三冊書いてるらしいので、その辺も読んでみようかな。