読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

ピーター・ティール『ゼロ・トゥ・ワン』  ★★★

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

ゼロ・トゥ・ワン―君はゼロから何を生み出せるか

 

たとえば、日本が「失われた20年」と言われている間に、世界のイノベーションを引っ張っているのはアメリカ、特に西海岸のシリコンバレーだ。アップルやフェイスブックといった名前がすぐに思い浮かぶけれど、数多のスタートアップが起業しては消えていく世界でもある。
そんな中、次々と成功する企業を立ち上げる起業家集団がある。
オンライン決済サービス・ペイパルの初期メンバーとして繋がりが深く、現在もシリコンバレーで絶大な影響力を持つことから「ペイパル・マフィア」とも呼ばれる彼らは、ご存知ユーチューブ(YouTube)をはじめ、電気自動車テスラ・モーターズや民間宇宙開発のスペースXからイェルプ(Yelp!)、ヤマー(Yammer)といったネットサービスまで、そうそうたる企業を立ち上げてきた。
本書はそのペイパル・マフィアの雄、ピーター・ティールが、母校スタンフォード大学で行った待望の起業講義録である。(Amazon

 講義録だったのか(今更)

 キャズムの前に読んで、面白かったような気はするんだけど、何か強烈に頭に残っていることがあるかというと無い。競争じゃなくて独占を作れってことくらいか。キャズムは我が事として読んだけど、こっちはスタートアップの話が主だから身を入れて読まなかったからかな。〈べき乗則〉が分からなくてググって更に分からなくなったのは覚えている。

 採用が大事だという、あらゆる「ハイテク企業」創始者が唱えていることは耳にタコだが、結局それが達成できないのが一般企業なのであった。エンジニアに向かってセールスの大事さを語りかけるくだりはよかったです。普通っぽくて。笑

 数学の話が理解できなかったのが一番の敗因ではないかと。