読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

津原泰水『たまさか人形堂それから』  ★★★★☆

たまさか人形堂それから (文春文庫)

たまさか人形堂それから (文春文庫)

 

「玉阪人形堂」を祖父母から譲り受け、店主となった元OLの澪。今日もこの小さな店には人形に関する様々な難題が持ち込まれる。赤いマーカーの汚れがついてしまったリカちゃん人形、髪が伸びる市松人形、盲目のコレクターが持ち込んだ「小田巻姫」の真贋―。人形と人間の不思議な関係を円熟の筆で描く、人気シリーズ第二弾。(Amazon

 文庫化おめでとうございます! 帰国時ちょうど発売してたので買ってきました。

 津原さんに関しては盲目的に好きだし何度も読み返しているので今更言うことはないのだが、短編のラストでいちいち泣けてしまう。好きです。冨永くんが復活する続編をお待ちしております。