読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

レイモンド・チャンドラー『ロング・グッドバイ』  ★★★★

私立探偵フィリップ・マーロウは、億万長者の娘シルヴィアの夫テリー・レノックスと知り合う。あり余る富に囲まれていながら、男はどこか暗い蔭を宿していた。何度か会って杯を重ねるうち、互いに友情を覚えはじめた二人。しかし、やがてレノックスは妻殺しの容疑をかけられ自殺を遂げてしまう。が、その裏には哀しくも奥深い真相が隠されていた…大都会の孤独と死、愛と友情を謳いあげた永遠の名作が、村上春樹の翻訳により鮮やかに甦る。アメリカ探偵作家クラブ(MWA)賞最優秀長篇賞受賞作。(Amazon

  二度目かな。前は単行本で、今回は文庫で読んだ。チャンドラーは私にとっては休み休み読む作家で(中盤でどうしてもダレてしまう、元々は合わないんだと思う)、ストーリーよりは文章を楽しんでいるので、一気読みはあんまりしない。のでよくどこで読んだか分からなくなる。

 まあ名作ですよね。そしてどこのBL市場に出しても恥ずかしくない内容です。ラスト2チャプターはここまでの頑張って読んで来た甲斐があったというものです。いや初読も二回目も結構頑張って読んだんだよ、更に前に清水訳にチャレンジしてあえなく沈んだこともあったしね。

 春樹訳だから読めたところはある。実際、『ロング・グッドバイ』を読了してから立て続けに発売済みのものを読み、結局今、『高い窓』の単行本を含めた全作が手元にあります。もちろん原文が素晴らしいんでしょうけど、翻訳体の日本語としてたいへん素晴らしいと思う。一番好きなのは『リトル・シスター』の冒頭かなあ。原文で読むことは恐らく無いが……。

 村上さん本当に有難うございます。残りも待ってます。