読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

江國香織『スイートリトルライズ』  ★★★★

恋愛小説
スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)

スイートリトルライズ (幻冬舎文庫)

この日常に不満はない、と瑠璃子は思う。淋しさは人間の抱える根元的なもので、自分一人で対処するべきで、誰かに―たとえ夫でも、救ってもらえる類のものではない。瑠璃子と二歳下の夫、総。一緒に眠って、一緒に起きる。どこかにでかけてもまた一緒に帰る家。そこには、甘く小さな嘘がある。夫(妻)だけを愛せたらいいのに―。恋愛長編。(Amazon

 とてもよかった。出てくるのは成人のみで、皆多かれ少なかれ不倫に罪悪感を覚えているところが安心できた。不倫自体が地雷だったら江國香織なんて一冊も読めませんからね。ほんと。江國さんの三人称の文章はどれも温度感がちょうどいいなー。

「なぜ嘘をつけないか知ってる? 人は守りたいものに嘘をつくの。あるいは守ろうとするものに」

  この台詞万能すぎる。