読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

津原泰水『ピカルディの薔薇』  ★★★★☆

怪奇幻想
作家として歩み始めたものの、相も変わらず貧困と怪異から手招かれてばかりの「おれ」こと猿渡。これは酔夢か現か。五感を失った人形師、聖女の伝説に彩られた島、弾く者を過去へと誘うウクレレの音色、彼の祖父が目にした満洲―。ユーモラスかつ哀切に満ちた文章が織り成す、幻想と怪奇。「文体の魔術師」津原泰水の超人気シリーズ、書下ろし短篇を加え待望の初文庫化。(Amazon

 買う前は単行本で読んでいたので、文庫書き下ろしの「枯れ蟷螂」があることを知らなかった。そして今、ちくま文庫の帯に「『蘆屋家の崩壊』書き下ろし短編を増補」という文字に気づいたのだが……買えと……既に集英社版を持っているけど買えと……。単行本の装丁は素敵だと思います。