読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

村上春樹『色彩を持たない田崎つくると、彼の巡礼の年』  ★★★☆

国内現代小説
良いニュースと悪いニュースがある。多崎つくるにとって駅をつくることは、心を世界につなぎとめておくための営みだった。あるポイントまでは…。(Amazon


 何だこの紹介文w
 一気に読めるボリュームで、一気に読ませるだけのテンションも保った本だったと思います。何よりわかりやすかったね! 春樹を拾い読みしては内容を忘れているのですが、いくつか読んだ中でもぶっちぎりで大衆向けなのでは? 『ノルウェイの森』はさておき。
 ミステリ仕立てで読んでいてわかりやすく、文章も一人称ではないから比較的さらっとしている。台詞はいつもの感じ。極めて当たり前の事実だが文章がうまい。笑 一人称だと鼻につくところがあってあまり意識できなかったけれど、三人称だと地の文にとらわれることなく(春樹チルドレン好きなので本家もそれなりに好きなのだ)読み進めて行けるな。翻訳される理由がちょっとわかりました。紗羅とのこともあれしてほしかったが、まあ蛇足でしたのでしょうね。
 結論としては楽しんだ。面白かったです。

 

灰田くんとのBLを始めておいて再登場してくれなかったのは残念です。春樹もヘテロの結びつきより男性同士の方がよく書けてる感じする。『羊をめぐる冒険』のシリーズとか。