読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

藤原伊織『ひまわりの祝祭』  ★★★★

自殺した妻は妊娠を隠していた。何年か経ち彼女にそっくりな女と出会った秋山だが、突然まわりが騒々しくなる。ヤクザ、闇の大物、昔の会社のスポンサー筋などの影がちらつく中、キーワードはゴッホの「ひまわり」だと気づくが…。名作『テロリストのパラソル』をしのぐ、ハードボイルド・ミステリーの傑作長編。(Amazon

 久々に読んでいるが読みやすい文章を書くよな藤原さんは。他はてのひらの闇シリーズしか持ってないので、テロリストのパラソルと広告代理店のやつは買っておこう。女性が犠牲になりすぎるとこは気になるんだけどね、全体的に。あ、昨日は彼の命日だったのか。早すぎる死を心からいたみます。
 しかし原田はわたしの理想を絵に描いたような男だな。魔性のゲイでIQ170で優男で格闘の心得があり優雅な微笑を常に浮かべ……できすぎてる。