読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

川上未映子『すべて真夜中の恋人たち』  ★★★

国内現代小説
「真夜中は、なぜこんなにもきれいなんだろうと思う」。わたしは、人と言葉を交わしたりすることにさえ自信がもてない。誰もいない部屋で校正の仕事をする、そんな日々のなかで三束さんにであった――。芥川賞作家が描く究極の恋愛は、心迷うすべての人にかけがえのない光を教えてくれる。渾身の長編小説。(Amazon

 この本、ヘテロの恋愛話になりませんようにと祈りながら読んでたから、主人公にとって特別な女の子が出てきた! と喜ぶやいなや男が出てきて残念だった。典子とセックスしたんじゃないんかい。私は石川さんみたいになりたい人間なので、恭子さんのくだりはむーんとしましたね。石川さんみたいになりたいけど、入江さんみたいに自分について話すのはたいして面白くないし苦手で、読んでて色々とつままれるとこがあるな。でも川上さん自身は好きになれないんだ、なぜなら津原さんの盲目的で感情的なファンだから。笑 ……川上さん、仕事をしていない主婦にたいして何か含むところがあるのかしらね。
 最後の聖は怖かった。何でああいうキャラ付けになってしまったんだ。ひたすら爽やかであってほしかった。ああいう女の人には他人に憎悪を向けずに生き通してほしかったよ。そんなことをせずにも生きられるはずなんだよ。しかし結局百合みたいなオチになったな。笑