読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

J. D. サリンジャー『ナイン・ストーリーズ』  ★★☆

ナイン・ストーリーズ (ヴィレッジブックス)

ナイン・ストーリーズ (ヴィレッジブックス)

バナナがどっさり入っているバナナ穴に行儀よく泳いでいき、中に入ると豚みたいにバナナを食べ散らかすバナナフィッシュ。あんまりバナナを食べ過ぎて、バナナ穴から出られなくなりバナナ熱にかかって死んでしまうバナナフィッシュ……グラース家の長兄、シーモアの謎の自殺を描く「バナナフィッシュにうってつけの日」ほか、九つのケッ作からなる自選短篇集。(Amazon

 全体的に難しかった。

「バナナフィッシュ日和」、ヤバい全然わかんないw

「バナナフィッシュにうってつけの日」の方がなじみがあるな。柴田先生のポール・オースター訳が好きだからこっち借りてきちゃったけど。村上春樹も訳せばいいのにと無茶ぶりしたい。

「ティンギーで」は優しいな。

「エズメに――愛と悲惨をこめて」。これはなかなかわかりやすかったのではないか!(サリンジャーの感想がイエスかノーの二択になってしまった)好きです。

「ド・ドーミエ=スミスの青の時代」はチャーミングでよかったと思います。

 この短編集ってバナナフィッシュがぶっちぎりで分からないんじゃ。これが冒頭にあっていいのか笑 インパクトはあるけど下手したら投げてたぞ。バナナフィッシュ(漫画)読み返したくなってきた。