読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

2012年まとめ

 これを書いている今が2015年1月24日だということは忘れ以下略

 この年は個人的に激動でした。秋に大阪→東京の転勤が決まり、職種が変更となったことで転職を決意し、年末ぎりぎりに転職先が決定。今の会社にはいい思いをさせてもらっているからトータルで見ればいい年だったんだな。でもよく泣いたし転職活動つらかった。読書はあまりしていない。

サラ・ウォーターズ『荊の城』

荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫)

荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫)

荊[いばら]の城 下 (創元推理文庫)

荊[いばら]の城 下 (創元推理文庫)

 ずっと読まなきゃ読まなきゃと思っていてやっと読んだらエンタメとしても恋愛小説としても大傑作。号泣した。

サラ・ウォーターズ『荊の城』上下 ★★★★★ - Memoria de los libros preciosos

 

松浦理英子『裏ヴァージョン』

裏ヴァージョン (文春文庫)

裏ヴァージョン (文春文庫)

 号泣した。またか。いや本当にすごい本なんですよ傑作の多い松浦理英子の中でもダントツだと思うんです。とにかく読め。構成的に分かりにくいけどとにかく最後まで読むんだ。もうね、これはトップオブやおい。これ以上のやおい小説を私はまだ読んでないですね。

松浦理英子『裏ヴァージョン』 ★★★★★ - Memoria de los libros preciosos

 

アゴタ・クリストフ悪童日記』三部作

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

悪童日記 (ハヤカワepi文庫)

ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)

ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)

第三の嘘 (ハヤカワepi文庫)

第三の嘘 (ハヤカワepi文庫)

 有名過ぎて今更だけどとにかく読め。三部作全部読んだら帰ってよし。

アゴタ・クリストフ『悪童日記』 ★★★★★ - Memoria de los libros preciosos
アゴタ・クリストフ『ふたりの証拠』 ★★★★☆ - Memoria de los libros preciosos
アゴタ・クリストフ『第三の嘘』 ★★★★☆ - Memoria de los libros preciosos

 

 この三冊、全部1月に読んだ。私の2012年の読書運は年初に終わってしまったんだな。