読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

吉本ばなな『とかげ』  ★★★

私の衝動的なプロポーズに対して、長い沈黙の後とかげはこう言った。「秘密があるの」―。幼い頃遭遇したある事件がもとで、長い間目の見えなかったことのあるとかげ。そのとかげにどうしようもなく惹かれてゆく私。心に刻まれた痛みを抱えながら生きてきたカップルの再生の物語「とかげ」。運命的な出会いと別れの中に、ゆるやかな癒しの時間が流れる6編のショート・ストーリー。(Amazon

 表題作以外はピンとこなかった。でも表題作だけはとてもよかった。これが女性同士だったらもっと良かったのになあと思うので、私の脳内では女性同士に書き換えておく(笑)よしもとばなな、合わないのかなー。