読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

ティム・ガン『誰でも美しくなれる10の法則』  ★★☆

NYの名門ファッションスクール「パーソンズ」ティム・ガン学部長の女性が美しくなるための教科書。どんな体型の人にもジャストフィットの服はある。姿勢、肌、顔、髪…自分を愛せればきれいになれる。(Amazon

 当然ながら他人の目に自分のファッションがどう映るかということを気にしない人は、読むべきではない本だ。おもしろい。「数年前に買ったジーンズがはけるかどうか試してみたくなる気持ちもわからないではないですが、服は持ち主に屈辱感を与えるためのものではありません。服にそのような役割を押し付けるのはやめましょう」www
 しかしせっかくファッションの話をしてメンター(指導や助言を行う人とのこと)をガンガンあげてるんだから、方々に許可を取ってフルカラーで出せばいいのになあ! 誰々の着こなしが云々、と言われてもアンジーやケイト・モスレベルじゃないとパッと思い浮かばない。日本人だし。4章「ファッションメンターを探せ!」は特に、文章より映像や画像で楽しむべきだなあ。基本的なアイテムもせっかくだから画像で見たいもの。星減点。
 逆に文章で面白かったのは、3章の「クローゼットのあるべき姿」ですね。これは本当に愉快だね。クローゼットの整理をしたくもなります。「着るだけでわくわくする服」のみに絞ったら私のクローゼットほぼ空っぽになっちゃうよ。そういう服は積極的に買いたいんだけど、ガーリーな流行がしばらく続いてるし、大阪には一向にフォーエバー21来ないし……。
 TV版を一回分みたけどとても面白かった。