読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

藤原伊織『ダナエ』  ★★★

ハードボイルド
世界的な評価を得た画家・宇佐美の個展で、財界の大物である義父を描いた肖像画が、切り裂かれ硫酸をかけられるという事件が起きた。犯人はどうやら少女で、「これは予行演習だ」と告げる。宇佐美の妻は、娘を前夫のもとに残していた。彼女が犯人なのか―。著者の代表作といえる傑作中篇など全3篇収録。


 この人の文章は参考にしやすい(間の取り方とか)からたまに読み返す。家族もの(特に娘もの)は妄想爆発している感があるので、娘はいなかったんだろうなあと勝手に推測している。つーか結婚もしてなかったっけ?