読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

中山可穂『猫背の王子』  ★★★★☆

恋愛小説
自分とセックスしている夢を見て、目が覚めた―。女から女へと渡り歩く淫蕩なレズビアンにして、芝居に全生命を賭ける演出家・王寺ミチル。彼女が主宰する小劇団は熱狂的なファンに支えられていた。だが、信頼していた仲間の裏切りがミチルからすべてを奪っていく。そして、最後の公演の幕が上がった…。スキャンダラスで切ない青春恋愛小説の傑作。俊英の幻のデビュー作、ついに文庫化。(Amazon

 この人はデビュー作から心身削るような話ばっか書いてるのねえ……デビュー作に全てがつまっている、んだから逆なんだけど。やっぱり一気読みするきかなくて、疲れちゃったよ。
 長篇を読む度にくたくたになって、中山可穂という作家のイメージが読み終えたばかりの本の二人に塗り直されるんだけど、今回はその片割れが男性だった点がいつもと違った。こりゃ由紀さんじゃない、トオルだよ……ミチルとトオルの物語だ、BLだ……娼婦の件なんてもうたまんない。
 この小説の学生芝居ネタにやられてしまったのは、私は縁もゆかりもなかったけど、彼女が過ごしたのと同じ大学にいてそんな空気の一端をかぎとっていたからだと思う。早稲田としか思えない大学描写を読むと、あそこに通ってよかったなーと思う。