読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

中田永一『吉祥寺の朝比奈くん』  ★★☆

恋愛小説
交換日記始めました! 恋人同士の圭太と遥が内緒で交わしていた交換日記。二人だけの秘密だったはずが…。
ラクガキをめぐる冒険 高校二年のときにクラスメイトだった遠山真之介。五年後の今、不思議なことに同級生の誰も彼のことを憶えていないのだ。
三角形はこわさないでおく ツトムと小山内さんと、俺。ツトムは小山内さんが気になり、小山内さんは…? 微妙なバランスの三角関係の物語。
うるさいおなか 私のおなかは、とてもひんぱんに、鳴る。そのせいでどうしても積極的になれなかった私の前に、春日井君があらわれて…。
吉祥寺の朝日奈くん 山田真野。上から読んでも下から読んでも、ヤマダマヤ。吉祥寺に住んでいる僕と、山田さんの、永遠の愛を巡る物語。

 えーとこれ乙一でしょ? 中田名義はラブコメ用だっけ? 正直分ける必要ないのではと思うが乙一と銘打たれていたら変な期待をしてしまいそうなのも事実なので、皆知ってるけど一応別名義というのはなかなか賢い選択なのかもしれない。
 恋愛小説短編集で、しょっぱなから交換日記ネタかよーってげっそりしたけど、そこは少し捻ってあって安心した。でも全体的にドストレートな話ばかりであった。学校生活においてヒエラルキーの下の方に属する人を、軽いタッチで書くのは相変わらず上手いんだけども。あと描写が丁寧すぎるきらいもあったかなー。もうちょっと切り捨ててもいいのではないか。丁寧にわかりやすくを意図しているのかもしれないが。恐ろしく分かりやすくはあった。自分の書くものを振り返って反省する部分もあった(笑)
 高校生主人公が大半ながら作中の台詞回しだとかはファンタジーなので森見を思い出しつつ。女性描写はあれね、男性作家の書くきれいな女の子そのものだね。現実感はないけどそういうザ・フィクションの女の子は嫌いじゃない。きれいに磨かれた足の爪を維持するエネルギーを知ってんのかと言いたくはなるけどな。でも森見(またか)みたいに俺の妄想を詰め込んだきれいな存在としての女の子、を読むのは割と好きなんですよ。逆に、女性作家の妄想をつめこんだきれいな略の少年、も大好きだしな。ただし自覚はしておいてくれ。