読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

森見登美彦『宵山万華鏡』  ★★★

怪奇幻想
宵山万華鏡
宵山万華鏡
森見 登美彦
 祇園祭前夜。妖しの世界と現実とが入り乱れる京の町で、次々に不思議な出来事が起こる。登場人物たちが交錯し、全てが繋がっていく連作中篇集。森見流ファンタジーの新境地!
●祭りの雑踏で、幼い妹が姿を消した。妹は神隠しに遭ったのか、それとも…?「宵山姉妹」「宵山万華鏡」
●乙川は≪超金魚≫を育てた男。大学最後の夏、彼と宵山に出かけた俺は、宵山法度違反で屈強な男たちに囚われてしまう。襲いくる異形の者たち。彼らの崇める≪宵山様≫とは一体…?「宵山金魚」
●期間限定でサークル≪祇園祭司令部≫を結成したヘタレ学生たち。彼らは、学生生活最後の大舞台を祭の最中に演じようとしていた。「宵山劇場」
宵山の日にだけ、叔父さんは姿を消した娘に会える…。「宵山回廊」
●目が覚めると、また同じ宵山の朝。男は、この恐ろしい繰り返しから抜け出すことができるのか…?「宵山迷宮」(Amazon

 連作って知らなくて二話目から読み始めてしまった……(男性一人称が読みたかったから)。全部読み通した後も結局、二話目・三話目が好きだった。正直その二つがあれば私は満足というくらいだ(笑)森見ファンに怒られてしまいそう。やっぱね、学生ノリ好きなの。森見さん京大で、まだ若いでしょ。学生話、特に四畳半や本書三話目にあるような京大のエキセントリックっぽいとこ(関東者の勝手なイメージw)すごい素敵に書く。だから私の目には全体からそこだけ浮き上がって見える。地に足のついた感じというか。とにかくもっと学生物を書きなされ!笑
 四畳半の小津や本書の乙川系統の変人が素敵よね。素敵としかいいようのない感じがするね。まあ私は四畳半が今んとこ一番好きだ。笑 ファンタジーがファンタジーすぎないので、苦手者としてはこれくらいのさじ加減はありがたい。彼がガチガチのファンタジー書いてるのか知らんが京都を舞台にしたSF(すこしふしぎ)話が多いのかなやっぱ。多いって言うか京都しかないのかな。笑 京都には森見さんや鴨川ホルモーの人がいて、沖縄にはシャングリ・ラの……池上さんがいる。池上さんの本はシャングリ・ラを挫折して以来何も読んでいない。唐突にジーヴス読みてえ!
 あとこの人は情景描写もうまいと思う。