読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

夏目漱石『門』  ★★★☆

国内文学
門 (新潮文庫)
門 (新潮文庫)
夏目 漱石
 三部作の個人的評価は、それから>門>三四郎 でした。御米かわいいよ御米。
「誠の愛」ゆえに社会の片隅に押しやられた宗助とお米は、罪の重荷にひしがれながら背をかがめるようにひっそりと生きている。宗助は「心の実質」が太くなるものを欲して参禅するが悟れない。これは求道者としての漱石じしんの反映である。三部作の終篇であると同時に晩年における一連の作の序曲をなしている。

 『それから』は主人公が煮えきったし、真っ赤なラストシーンが心に焼き付いてる……でも去年の私は「わかんねー!」って言ってるね(笑)今読めばきっと変わるんだろう。『三四郎』のストレイ・シープってぶつぶつ繰り返して終わるのも好きだけど。粘着質っぽくて。『門』は『作家になりたいなら漱石に学べ!』で最後のやり取りを先に知っちゃったんだよね。それにしてもほんと、宗助は後ろ向きだな! 冬が嫌いで夏先から次の冬を忌んでしまう私みたいだ!笑