読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

夏目漱石『それから』  ★★★

国内文学
それから
それから
 正直私には荷が重いというか、わからない……! この時代の言葉遣いや風習、人の考え方にはとても心惹かれるものがあるけれど、読書量が足りないから、それが果たして夏目漱石によるものなのか、時代によるものなのか、わからない。何となくよかった。有体な表現だけど、愛を貫く難しさとか。序盤、物語が全く進まなかったために飽きてしまったこともある。しかし手放しに賛美できるような小説ではなかった。私は理解することができなかった。悔しい。
 代助が三千代への想いを自覚するとこでは、唐突すぎやしないか? と思ってしまったし。