Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

恋愛小説

川上弘美『いとしい』  ★★★

いとしい (幻冬舎文庫) 作者: 川上弘美 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2000/08 メディア: 文庫 クリック: 19回 この商品を含むブログ (58件) を見る 「好きになるということは、好きになると決めること」母性より女性を匂わせる母と、売れない春画を描く…

江國香織『金平糖の降るところ』  ★★☆

金米糖の降るところ (小学館文庫) 作者: 江國香織 出版社/メーカー: 小学館 発売日: 2013/10/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る ブエノスアイレス近郊、日系人の町で育った佐和子とミカエラの姉妹は、少女の頃、恋人を“共有する”ことを誓…

中山可穂『愛の国』  ★★★★★

愛の国 (単行本) 作者: 中山可穂 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2014/03/01 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) を見る 弾圧の暗い影、獄中のタンゴ、刻み込まれた愛の刻印。愛する人も記憶も失い、自分が何者なのかを問いながら彼…

江國香織『左岸』  ★★☆

左岸 上 (集英社文庫) 作者: 江國香織 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2012/02/17 メディア: 文庫 クリック: 8回 この商品を含むブログ (8件) を見る 左岸〈下〉 (集英社文庫) 作者: 江國香織 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2012/02/17 メディア: 文庫 …

江國香織『号泣する準備はできていた』  ★★★

号泣する準備はできていた (新潮文庫) 作者: 江國香織 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2006/06/28 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 49回 この商品を含むブログ (161件) を見る 満ち足りていたはずの恋に少しずつ影が差す様を描いた表題作「号泣する準…

江國香織『ぬるい眠り』  ★★★

ぬるい眠り (新潮文庫) 作者: 江國香織 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2007/02/28 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 17回 この商品を含むブログ (183件) を見る 半年間同棲していた耕介と別れても、雛子は冷静でいられるはずだった。だが、高校生のト…

江國香織『スイートリトルライズ』  ★★★★

スイートリトルライズ (幻冬舎文庫) 作者: 江國香織 出版社/メーカー: 幻冬舎 発売日: 2006/08 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 388回 この商品を含むブログ (93件) を見る この日常に不満はない、と瑠璃子は思う。淋しさは人間の抱える根元的なもので、…

江國香織『がらくた』  ★☆

がらくた (新潮文庫) 作者: 江國香織 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2010/02/26 メディア: 文庫 購入: 2人 クリック: 33回 この商品を含むブログ (48件) を見る 私は彼のすべてを望んだ、その存在も、不在による空虚さも――。45歳の翻訳家・柊子と15歳の美…

江國香織『ウエハースの椅子』  ★☆

ウエハースの椅子 (新潮文庫) 作者: 江國香織 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2009/10/28 メディア: 文庫 購入: 1人 クリック: 15回 この商品を含むブログ (19件) を見る あなたに出会ったとき、私はもう恋をしていた。出会ったとき、あなたはすでに幸福な…

中山可穂『猫背の王子』  ★★★★★

猫背の王子 (集英社文庫) 作者: 中山可穂 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2000/11 メディア: 文庫 クリック: 97回 この商品を含むブログ (38件) を見る 自分とセックスしている夢を見て、目が覚めた―。女から女へと渡り歩く淫蕩なレズビアンにして、芝居に…

江國香織『薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木』  ★★★★☆

薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 (集英社文庫) 薔薇の木 枇杷の木 檸檬の木 ...の他のレビューをみる» 江國 香織 集英社 ¥ 702 (2003-06) 情熱。ため息。絶望…でも、やっぱりまた誰かを好きになってしまう!恋愛は世界を循環するエネルギー。日常というフィール…

津原泰水『赤い竪琴』  ★★★★☆

赤い竪琴 (創元推理文庫) 赤い竪琴 (創元推理文庫)の他のレビューをみる» 津原 泰水 東京創元社 ¥ 691 (2009-09-30) いつ読んでも毎回泣くんだけど、今回は「仕事なんて(中略)一時的にスランプにおちいったって、本人がしあわせな気分だったら、いずれ克…

佐々木丸美『雪の断章』  ★★★★

雪の断章 (佐々木丸美コレクション) 雪の断章 (佐々木丸美コレク...の他のレビューをみる» 佐々木 丸美 ブッキング ¥ 1,728 (2006-12-16) 伝説の作家・佐々木丸美の作品集「佐々木丸美コレクション」第1弾! 天涯孤独の少女・飛鳥は雪降る札幌で青年・祐也と…

江國香織『なつのひかり』  ★★★

なつのひかり (集英社文庫) なつのひかり (集英社文庫)の他のレビューをみる» 江國 香織 集英社 ¥ 626 (1999-05-20) 「私」は来週21歳。ウェイトレスとバーの歌手という、2つのアルバイトをしている。「年齢こそ三つちがうが双生児のような」兄がいて、兄に…

本谷有希子『ぬるい毒』  ★★

ぬるい毒 (新潮文庫) 作者: 本谷有希子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2014/02/28 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (4件) を見る あの夜、同級生と思しき見知らぬ男の電話を受けた時から、私の戦いは始まった。魅力の塊のような彼は、説得力漲る嘘を…

山田詠美『無銭優雅』  ★★

無銭優雅 (幻冬舎文庫) 無銭優雅 (幻冬舎文庫)の他のレビューをみる» 山田 詠美 幻冬舎 ¥ 520 (2009-08) 友人と花屋を経営する斎藤慈雨と、古い日本家屋にひとり棲みの予備校講師・北村栄。お金をかけなくとも、二人で共有する時間は、“世にも簡素な天国”に…

山田詠美『放課後の音符』  ★★★

放課後の音符(キイノート) (新潮文庫) 放課後の音符(キイノート) (...の他のレビューをみる» 山田 詠美 新潮社 ¥ 420 (1995-03) 大人でも子供でもない、どっちつかずのもどかしい時間。まだ、恋の匂いにも揺れる17歳の日々―。背伸びした恋。心の中で発酵し…

森奈津子『踊るギムナシウム』  ★★★

踊るギムナジウム 踊るギムナジウムの他のレビューをみる» 森 奈津子 徳間書店 --- (2006-12) 性愛の夢想人が贈る、笑撃のゲイ・コメディ短編集。官能シーン皆無。エロい会話はあっても、エロバカに徹し、コメディとして楽しめる一冊。萩尾望都のギムナジウ…

本多孝好『真夜中の五分前』Side-A,B  ★☆

真夜中の五分前―five minutes to tomorrow〈side‐A〉 (新潮文庫) 真夜中の五分前―five minutes...の他のレビューをみる» 本多 孝好 新潮社 ¥ 420 (2007-06) 少し遅れた時計を好んで使った恋人が、六年前に死んだ。いま、小さな広告代理店に勤める僕の時間は…

中山可穂『深爪』  ★★

深爪 深爪の他のレビューをみる» 中山 可穂 朝日新聞社 --- (2000-07) あなたを壊さないように、あなたの家族を壊さないように、そっとあなたを愛します…。これも不倫というのだろうか? 夫・妻・妻の愛人(女)の三角関係がつむぎだす運命の螺旋。連作小説集。…

中山可穂『悲歌』  ★★★

悲歌 エレジー 悲歌 エレジーの他のレビューをみる» 中山 可穂 角川書店(角川グループパブリッシング) ¥ 1,575 (2009-09-18) 骨に染みいり血が滲む、絶壁のような険しい孤独。追い詰められた魂。私は愛してはいけない人を愛してしまったのか――。能楽のスト…

中山可穂『サイゴン・タンゴ・カフェ』  ★★★☆

サイゴン・タンゴ・カフェ (角川文庫) サイゴン・タンゴ・カフェ (...の他のレビューをみる» 中山 可穂 角川書店(角川グループパブリッシング) ¥ 660 (2010-01-23) インドシナ半島の片隅の吹きだまりのような廃墟のような一画にそのカフェはあった。主人は…

仁川高丸『微熱狼少女』  ★★★★

微熱狼少女 微熱狼少女の他のレビューをみる» 仁川 高丸 集英社 --- (1992-02-05) 女子高生・藤乃。赤みがかった髪を狼カットにしている。彼女にはゲイの父親と、暴力的な恋人・誠がいた。そんな藤乃に接近してくる社会科の非常勤講師・三島麻純(♀)23歳。三…

仁川高丸『文月に不実の花咲く』  ★☆

文月に不実の花咲く 文月に不実の花咲くの他のレビューをみる» 仁川 高丸 集英社 --- (1997-12-16) 落としてしまったイヤリングがかえってくる夢を見た頃、やってきた転校生・良平(アキラ)。詰襟の学生服に太い眉と大きな目。良平は女の子だった。女同士の良…

中山可穂『サグラダ・ファミリア』  ★★★

サグラダ・ファミリア 聖家族 サグラダ・ファミリア 聖家族の他のレビューをみる» 中山 可穂 朝日新聞社 --- (1998-06) 人を愛することを拒絶する孤独なピアニスト、石狩響子が初めて恋をした。相手はフリーのルポライター、成島透子。透子は子供を産むこと…

中山可穂『天使の骨』  ★★★

天使の骨 (集英社文庫) 天使の骨 (集英社文庫)の他のレビューをみる» 中山 可穂 集英社 ¥ 500 (2001-08-21) ぼろぼろの守護天使たちがわたしにつきまとう…。人生のすべてをかけた劇団を失い、世捨て人のように暮らす劇作家ミチル。絶望の果てに、彼女は天使…

中山可穂『猫背の王子』  ★★★★☆

猫背の王子 (集英社文庫) 猫背の王子 (集英社文庫)の他のレビューをみる» 中山 可穂 集英社 ¥ 440 (2000-11-17) 自分とセックスしている夢を見て、目が覚めた―。女から女へと渡り歩く淫蕩なレズビアンにして、芝居に全生命を賭ける演出家・王寺ミチル。彼女…

中山可穂『感情教育』  ★★★★☆

感情教育 (講談社文庫) 感情教育 (講談社文庫)の他のレビューをみる» 中山 可穂 講談社 --- (2002-05-15) これ1作でわたしは年老いた――(文庫版あとがきより) 女と女。胸に突き刺さるような至高の愛。 中山可穂の最高傑作! 前世から契りあった恋人はあなた…

木原音瀬『箱の中』『檻の外』  ★★★★☆

檻の外 (Holly Novels) 檻の外 (Holly Novels)の他のレビューをみる» 木原 音瀬 蒼竜社 ¥ 900 (2006-05-25) 堂野崇文は痴漢と間違われて逮捕されるが、冤罪を訴え最高裁まで争ったため、実刑判決を受けてしまう。入れられた雑居房は、喜多川圭や芝、柿崎、…

中山可穂『マラケシュ心中』  ★★★★

マラケシュ心中 (講談社文庫) マラケシュ心中 (講談社文庫)の他のレビューをみる» 中山 可穂 講談社 --- (2005-05-13) 「恋がいつか必ず終わるものなら、わたしたちは恋人同士になるのはやめましょう。何も契らず、何も約束せず、からだに触れ合わず、それゆ…

松浦理英子『ナチュラル・ウーマン』  ★★★★

ナチュラル・ウーマン ナチュラル・ウーマンの他のレビューをみる» 評価: 松浦 理英子 河出書房新社 ¥ 1,529 (1994-10) 「私はこの小説を書いたことを誇りに思う」。日本文学という手ばなしの母性礼讃の土壌、さらに小さ神礼讃の土壌に、著者が突き出した…

中山可穂『弱法師』  ★★★★

弱法師 弱法師の他のレビューをみる» 評価: 中山 可穂 文藝春秋 --- (2004-02-26) 難病を抱える少年と、少年に父親を超えた愛情を抱く義父との交流を描く表題作など、激しくも狂おしい愛の形を描く3篇を収録した中篇小説集。『別冊文芸春秋』掲載を単行本化…

中山可穂『白い薔薇の淵まで』  ★★★★☆

白い薔薇の淵まで (集英社文庫) 白い薔薇の淵まで (集英社文庫)の他のレビューをみる» 評価: 中山 可穂 集英社 ¥ 460 (2003-10-17) ジャン・ジュネの再来とまで呼ばれる新人女性作家・塁と、平凡なOLの「わたし」はある雨の夜、書店で出会い、恋に落ちた。…

中山可穂『ジゴロ』  ★★★☆

ジゴロ ジゴロの他のレビューをみる» 評価: 中山 可穂 集英社 ¥ 1,470 (2003-02-05) カイは新宿二丁目界隈で顔の売れたストリート・ミュージシャン。ギター一本抱えて現れ、道行くビアンたちに愛のバラードを歌いかける。彼女に翻弄される女たちの切なくも…

中田永一『吉祥寺の朝比奈くん』  ★★☆

吉祥寺の朝日奈くん 吉祥寺の朝日奈くんの他のレビューをみる» 評価: 中田 永一 祥伝社 ¥ 1,680 (2009-12-11) 交換日記始めました! 恋人同士の圭太と遥が内緒で交わしていた交換日記。二人だけの秘密だったはずが…。 ラクガキをめぐる冒険 高校二年のとき…

森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』  ★★★☆

夜は短し歩けよ乙女 (角川文庫) 森見 登美彦 「黒髪の乙女」にひそかに想いを寄せる「先輩」は、夜の先斗町に、下鴨神社の古本市に、大学の学園祭に、彼女の姿を追い求めた。けれど先輩の想いに気づかない彼女は、頻発する“偶然の出逢い”にも「奇遇ですねえ!…

中山可穂『花伽藍』  ★★★☆

花伽藍 (角川文庫) 中山 可穂 夏祭りの夜の出会いから別れまでの濃密な恋の顛末を描いた「鶴」、失恋したばかりの一夜の出来事「七夕」、離婚した夫が転がり込んできたことから始まる再生の物語「花伽藍」、恋人とともに飼い猫にまで去られてしまった「偽ア…

ガルシア・マルケス『コレラ時代の愛』  ★★★★☆

コレラの時代の愛 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1985)) 木村 榮一 二度目。二度目の後半にして、フロンティーノじゃなくフロレンティーノだということに気付いた……ずっとフロンティーノ・アリーサだと思ってた……いい話よね。マルケスの描く老人はいいね。

津原泰水『赤い竪琴』  ★★★★★

赤い竪琴 津原 泰水 ブログには既に三つも記事があるんだが、この際四つ目を立てて、五つ星をつけよう。何か気付いたら泣いてた。入栄さんといるときいつも笑ってた、はもうひどいでしょう。 これ映画化しないかな。適してると思うんだけど(見る見ないは別…

ガルシア・マルケス『愛その他の悪霊について』  ★★★

愛その他の悪霊について (新潮・現代世界の文学) G. ガルシア・マルケス,Gabriel Garc´ia M´arquez,旦 敬介 愛は成就されず、成就されるのは愛でないものばかり。十二月の最初の日曜日、十二歳になる侯爵のひとり娘シエルバ・マリアは、市場で、額に白い斑点…

ガルシア・マルケス『コレラ時代の愛』  ★★★★☆

コレラの時代の愛 (Obra de Garc〓a M〓rquez (1985)) 木村 榮一 夫を不慮の事故で亡くしたばかりの女は72歳。彼女への思いを胸に、独身を守ってきたという男は76歳。ついにその夜、男は女に愛を告げた。困惑と不安、記憶と期待がさまざまに交錯する二人を乗…

渡辺淳一『失楽園』上  ★

失楽園 (上) 渡辺 淳一 凛子と久木はお互いに家庭を持つ身でありながら、真剣に深く愛し合ってゆく。己れの心に従い、育んだ“絶対愛”を純粋に貫こうとする二人。その行きつく先にあるものは…。人間が「楽園」から追放された理由である“性愛=エロス”を徹底的…

津原泰水『赤い竪琴』  ★★★★☆

赤い竪琴 津原 泰水 再々読くらいか。読むたびに評価を上げざるを得ない良作。恋愛小説って自分から読もうとは思わないけど、こういうのならいくらでも読みたいなあ。いいよなー。 津原さん、台詞の処理の仕方を本書では変えてるんだよね。全て台詞ごとに改…

中村航『絶対、最強の恋のうた』  ★★

絶対、最強の恋のうた (小学館文庫) 中村 航 社会科教師のおでこのテカリ占いをしては大受けしていた陽気でマシンガンな中学時代から、クールで一目置かれる弓道部員の高校時代を経て、大学生になった私がしたことは、恋をすることだった。付き合いはじめて…

津原泰水『赤い竪琴』  ★★★★

赤い竪琴 津原 泰水 図書館へ行って適当に借りてきた中の一冊。二年ぶりに再読。しみじみ、いいなあと思った。本の中身はもちろんのこと、小説を読むってのは最上の悦びであることよと思った。幸せだ。小説がないと生きていけないとまでじゃないが、小説がな…

有川浩『図書館革命』  ★★★★☆

図書館革命 有川 浩 シリーズ通してめちゃくちゃ楽しんだから星たくさんつけちゃう! ラブコメの破壊力たるや! このシリーズで有川さんは熱血男性を魅力的に描くことに成功したんじゃないかな。堂上のことね。『海の底』では夏木に目もくれず冬原ばかり見て…

島本理生『ナラタージュ』  ★★★

ナラタージュ 島本 理生 「卒業間際の感傷なんてふざけたことを言わないで。あの日から私はずっと同じ場所にいます。そして、あなたから連絡が来るのを待っていた。それでもあなたは思い込みだって言うんですか」 いろんな場所に出掛けたし、一緒に食事をし…

ロレンツォ・リカルツィ『きみがくれたぼくの星空』  ★★★★

きみがくれたぼくの星空 ロレンツォ・リカルツィ, 泉 典子 これが愛でなくて何だろう。きみのまなざしはぼくが唯一求めていたまなざしで、きみと一緒にいることはぼくが唯一したかったことで、きみといるときだけは孤独を感じないでいられたのに。それは愛だ…

有川浩『図書館危機』  ★★★★

図書館危機 有川 浩 引き金を引いた瞬間、結果的にはどうであれ、郁の中では攻め込もうとする敵を殺した。この手はもう血に塗れた。知事の言葉は郁の手が汚れたことを容赦なく指摘し、しかしそれを指摘してもらえたことに救われる。 手を汚していると分かっ…

有川浩『レインツリーの国』  ★★★

レインツリーの国 有川 浩 実際に会っての取材に応じてくださった方が偶然にも私の本を全部読んでくださっている方で、「難聴者を主人公にして恋愛物を書く」と申し上げましたら、 「それはあれですか、自衛官が地雷処理とかで失敗して難聴になったりするん…