Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

ミステリ・エンタメ

舞城王太郎『煙か土か食い物』  ★★★★☆

云年ぶりに読み直したら思っていたより文章が端正で驚いた、初読の際は随分驚いたものだったけどなあ。内容はやっぱり舞城の中で一番好きですね。このシリーズもっと書いてもらいたかった。 煙か土か食い物 (講談社文庫) 作者: 舞城王太郎 出版社/メーカー: …

トム・ロブ・スミス『チャイルド44』  ★★★★☆

面白かったとは言えない読書でしたがリーダビリティは多分にありました。下巻は一度読み始めると止まらないので時間のあるときに読んだ方がよいです。 チャイルド44 上巻 (新潮文庫) 作者: トム・ロブスミス,Tom Rob Smith,田口俊樹 出版社/メーカー: 新潮社…

ジョン・ル・カレ『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』  ★★★★☆

ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 作者: ジョンルカレ,村上博基 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2013/02/28 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る 英国情報部“サーカス”の中枢に潜むソ連の二重スパイを探せ。引退生活から…

皆川博子『双頭のバビロン』  ★★★★☆

双頭のバビロン〈上〉 (創元推理文庫) 作者: 皆川博子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2015/06/22 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 双頭のバビロン〈下〉 (創元推理文庫) 作者: 皆川博子 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2015/06/22 …

フレドゥン・キアンプール『幽霊ピアニスト事件』  ★★★

幽霊ピアニスト事件 (創元推理文庫) 作者: フレドゥン・キアンプール,酒寄進一 出版社/メーカー: 東京創元社 発売日: 2015/09/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (2件) を見る 青年ピアニスト、アルトゥアは死んでから50年後の世界にいきなり蘇った。…

島田荘司『夏、19歳の肖像』  ★☆

夏、19歳の肖像 作者: 島田荘司 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2014/09/26 メディア: Kindle版 この商品を含むブログを見る バイク事故で入院中の青年が、病室の窓から目撃した「谷間の家」の恐るべき光景! ひそかに想いをよせる憧れの女性は、父親を…

ピエール・ルメートル『天国でまた会おう』  ★★★☆

天国でまた会おう(上) (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者: ピエールルメートル,Pierre Lemaitre,平岡敦 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2015/10/16 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (5件) を見る 天国でまた会おう(下) (ハヤカワ・ミステリ文庫) 作者:…

服部まゆみ『この闇と光』  ★★★★

この闇と光 (角川文庫) 作者: 服部まゆみ 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2014/11/21 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 森の奥に囚われた盲目の王女・レイアは、父王の愛と美しいドレスや花、物語に囲まれて育てられた…はずだった。…

ピエール・ルメートル『その女アレックス』  ★★★★

その女アレックス (文春文庫) 作者: ピエールルメートル,橘明美 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2014/09/02 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (104件) を見る おまえが死ぬのを見たい―男はそう言ってアレックスを監禁した。檻に幽閉され、衰弱した彼…

皆川博子『アルモニカ・ディアボリカ』  ★★★★☆

アルモニカ・ディアボリカ (ミステリ・ワールド) 作者: 皆川博子 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2013/12/19 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (10件) を見る 18世紀英国。愛弟子エドらを失った解剖医ダニエルが失意の日々を送る一方、暇になった…

P. G. ウッドハウス『ウースター家の掟』  ★★★★★

ウースター家の掟 (ウッドハウス・コレクション) 作者: P.G.ウッドハウス,Pelham Grenville Wodehouse,森村たまき 出版社/メーカー: 国書刊行会 発売日: 2006/03 メディア: 単行本 クリック: 7回 この商品を含むブログ (36件) を見る 何度目か分からないけど…

皆川博子『開かせていただき光栄です』  ★★★★☆

開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU― (ハヤカワ・ミステリワールド) 作者: 皆川博子,佳嶋 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2011/07/15 メディア: 単行本 購入: 2人 クリック: 38回 この商品を含むブログ (66件) を見る 18世紀ロンドン。外科医…

麻耶雄嵩『隻眼の少女』  ★★★★

隻眼の少女 (文春文庫) 作者: 麻耶雄嵩 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2013/03/08 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (24件) を見る 山深き寒村で、大学生の種田静馬は、少女の首切り事件に巻き込まれる。犯人と疑われた静馬を見事な推理で救ったの…

P. G. ウッドハウス『でかした、ジーヴス!』  ★★★★☆

でかした、ジーヴス! (ウッドハウス・コレクション) 作者: P.G.ウッドハウス,Pelham Grenville Wodehouse,森村たまき 出版社/メーカー: 国書刊行会 発売日: 2006/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (21件) を見る 情け知らずのアガサとダリアの両オ…

伊坂幸太郎『オー!ファーザー』  ★★★★

オー!ファーザー (新潮文庫) オー!ファーザー (新潮文庫)の他のレビューをみる» 伊坂 幸太郎 新潮社 ¥ 810 (2013-06-26) 父親が四人いる!?高校生の由紀夫を守る四銃士は、ギャンブル好きに女好き、博学卓識、スポーツ万能。個性溢れる父×4に囲まれ、息子が…

藤原伊織『シリウスの道』  ★★★★

シリウスの道〈上〉 (文春文庫) シリウスの道〈上〉 (文春文庫)の他のレビューをみる» 藤原 伊織 文藝春秋 ¥ 555 (2006-12) シリウスの道〈下〉 (文春文庫) シリウスの道〈下〉 (文春文庫)の他のレビューをみる» 藤原 伊織 文藝春秋 ¥ 555 (2006-12) 大手…

有川浩『フリーター、家を買う』  ★★

フリーター、家を買う。 (幻冬舎文庫) フリーター、家を買う。 (幻...の他のレビューをみる» 有川 浩 幻冬舎 ¥ 700 (2012-08-02) 就職先を3ヵ月で辞めて以来、自堕落気儘に親の脛を齧って暮らす“甘ったれ"25歳が、母親の病を機に一念発起。バイトに精を出し…

本多孝好『FINE DAYS』  ★★★☆

FINE DAYS (祥伝社文庫) FINE DAYS (祥伝社文庫)の他のレビューをみる» 本多 孝好 祥伝社 ¥ 689 (2006-07) 余命いくばくもない父から、三十五年前に別れた元恋人を捜すように頼まれた僕。彼らが住んでいたアパートで待っていたのは、若き日の父と恋人だった…

本多孝好『MISSING』  ★★★

MISSING (双葉文庫) MISSING (双葉文庫)の他のレビューをみる» 本多 孝好 双葉社 ¥ 648 (2001-11) 繊細な視線で描かれた物語が、心の奥底に潜むミステリアスな風景を呼び覚ます…。小説推理新人賞受賞作「眠りの海」ほか「祈灯」「蝉の証」など、4作品を収録…

津原泰水『たまさか人形堂物語』  ★★★★★

たまさか人形堂物語 (文春文庫) たまさか人形堂物語 (文春文庫)の他のレビューをみる» 津原 泰水 文藝春秋 ¥ 576 (2011-08-04) 二十回くらい読んでいるような気がするけど「ガブ」の最後で毎回泣く。これの続編、文庫になってくれないかなあ……多分第三弾に…

マリオ・バルガス=リョサ『都会と犬ども』  ★★★★★

都会と犬ども 都会と犬どもの他のレビューをみる» マリオ バルガス=リョサ 新潮社 ¥ 3,024 (2010-12) 厳格な規律の裏では腕力と狡猾がものを言う、弱肉強食の寄宿生活。首都リマの士官学校を舞台に、ペルー各地から入学してきた白人、黒人、混血児、都会っ…

津原泰水『ルピナス探偵団の憂愁』  ★★★★★

ルピナス探偵団の憂愁 (創元推理文庫) ルピナス探偵団の憂愁 (創元...の他のレビューをみる» 津原 泰水 東京創元社 ¥ 842 (2012-12-11) 何度読んでも全話において号泣する……好きすぎる……だから原稿には使えないんだ…………。これは津原さんが少女小説家から一…

汀こるもの『パラダイス・クローズド』  ★★☆

パラダイス・クローズド THANATOS (講談社文庫) パラダイス・クローズド THAN...の他のレビューをみる» 汀 こるもの 講談社 ¥ 679 (2011-02-15) 周囲の人間に不審な死をもたらす「死神(タナトス)体質」の兄・美樹(よしき)と、発生した事件を解決する「探偵…

津原泰水『ルピナス探偵団の当惑』  ★★★★

ルピナス探偵団の当惑 (創元推理文庫) ルピナス探偵団の当惑 (創元...の他のレビューをみる» 津原 泰水 東京創元社 ¥ 778 (2007-06) 再読。3話目のやつは瑠璃玉の耳輪ネタなわけだけど、これだけ書き下ろしなんだっけか。いや最後のページを見れば多分書い…

辻村深月『鍵のない夢を見る』  ★★

鍵のない夢を見る 鍵のない夢を見るの他のレビューをみる» 辻村 深月 文藝春秋 ¥ 1,512 (2012-05) 普通の町に生きる、ありふれた人々がふと魔が差す瞬間、転がり落ちる奈落を見事にとらえる5篇。現代の地方の姿を鋭く衝く短篇集(Amazon) 全体的に嫌な本だ…

湊かなえ『少女』  ★★

少女 (双葉文庫) 少女 (双葉文庫)の他のレビューをみる» 湊 かなえ 双葉社 ¥ 669 (2012-02-16) 親友の自殺を目撃したことがあるという転校生の告白を、ある種の自慢のように感じた由紀は、自分なら死体ではなく、人が死ぬ瞬間を見てみたいと思った。自殺を…

津原泰水『読み解かれるD』  ★★★★☆

読み解かれるD: クロニクル・アラウンド・ザ・クロックIII (新潮文庫) 読み解かれるD: クロニクル・...の他のレビューをみる» 津原 泰水 新潮社 ¥ 594 (2014-01-29) レオが、アルコール依存症に陥っていることが発覚した。ギタリストを失った“爛漫”は、新た…

ウッドハウス『ジーヴスと恋の季節』  ★★★★★

ジーヴスと恋の季節 (ウッドハウス・コレクション) ジーヴスと恋の季節 (ウッド...の他のレビューをみる» P.G. ウッドハウス 国書刊行会 ¥ 2,310 (2007-12) 百に及ぶウッドハウスの全小説中もっとも複雑で凝りに凝ったプロットを持ち、英国ウッドハウス協会…

本多孝好『ストレイヤーズ・クロニクル ACT-2』  ★★

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-2 ストレイヤーズ・クロニクル ...の他のレビューをみる» 本多 孝好 集英社 ¥ 1,050 (2012-10-05) 運動能力、聴力、記憶力…に常人とはかけ離れた能力を持つ昴、沙耶、隆二、良介。政治家・渡瀬浩一郎のために裏の仕事をする…

本多孝好『ストレイヤーズ・クロニクル ACT-1』  ★★☆

ストレイヤーズ・クロニクル ACT-1 ストレイヤーズ・クロニクル...の他のレビューをみる» 本多 孝好 集英社 ¥ 1,050 (2012-04-05) 驚異的なスピードで動く、遠距離の音も聞き分けられる、見たものすべてを記憶する―。常人とはかけ離れた能力を持つ昴、…

津原泰水『たまさか人形堂物語』  ★★★★☆

たまさか人形堂物語 たまさか人形堂物語の他のレビューをみる» 津原 泰水 文藝春秋 ¥ 1,500 (2009-01) 幾度目か分からん。ものすごく好きなので、続編が単行本にまとまってくれる日を心待ちにしている。

津原泰水『猫ノ目時計』  ★★★★

猫ノ眼時計 (幽明志怪) 猫ノ眼時計 (幽明志怪)の他のレビューをみる» 津原 泰水 筑摩書房 ¥ 1,680 (2012-07-10) 幻想怪奇譚×ミステリ×ユーモアで人気のシリーズ、最新刊。火を発する女、カメラに映らない友人、運命を知らせる猫――。猿渡は今日もこの世なら…

多岐川恭『濡れた心』  ★★★

江戸川乱歩賞全集(2)猫は知っていた 濡れた心 (講談社文庫) 江戸川乱歩賞全集(2)猫は知...の他のレビューをみる» 仁木 悦子,多岐川 恭 講談社 --- (1998-09-14) 女子高生の純粋な同性愛を阻む悪意、そして殺人事件。日記や手記を取り入れた斬新な構成が…

海堂尊『チーム・バチスタの栄光』  ★★★☆

チーム・バチスタの栄光 チーム・バチスタの栄光の他のレビューをみる» 海堂 尊 宝島社 ¥ 1,680 (2006-01) 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今…

海堂尊『イノセント・ゲリラの祝祭』  ★★☆

イノセント・ゲリラの祝祭 イノセント・ゲリラの祝祭の他のレビューをみる» 海堂 尊 宝島社 --- (2008-11-07) 映画化、テレビドラマ化もされた第4回『このミス』大賞受賞作の『チーム・バチスタの栄光』は累計320万部突破、続編の『ナイチンゲールの沈黙』も…

海堂尊『螺鈿迷宮』  ★

螺鈿迷宮 螺鈿迷宮の他のレビューをみる» 海堂 尊 角川書店 ¥ 1,680 (2006-11-30) 医療界を震撼させたバチスタ・スキャンダルから1年半。東城大学の医学生・天馬は、留年を繰り返し医学の道をリタイア寸前だった。ある日、幼なじみの記者・葉子から「碧翠院…

サラ・ウォーターズ『半身』  ★★★★

半身 (創元推理文庫) 半身 (創元推理文庫)の他のレビューをみる» サラ ウォーターズ 東京創元社 ¥ 1,113 (2003-05) 独房からは信じがたい静寂が漂ってきた。獄内の静けさを残らず集めたより深い静謐が。それを破ったのは溜息。わたしは思わず、中を覗いた。…

サラ・ウォーターズ『荊の城』上下  ★★★★★

荊[いばら]の城 上 (創元推理文庫) 荊[いばら]の城 上 (創元推理...の他のレビューをみる» サラ・ウォーターズ 東京創元社 ¥ 987 (2004-04-22) 19世紀半ばのロンドン。17歳になる少女スウは、下町で掏摸を生業として暮らしていた。そんな彼女に顔見知りの詐…

P.G.ウッドハウス『感謝だ、ジーヴス』  ★★★

感謝だ、ジーヴス (ウッドハウス・コレクション) 感謝だ、ジーヴス (ウッドハ...の他のレビューをみる» P・G・ウッドハウス 国書刊行会 ¥ 2,100 (2011-07-25) 大好評爆笑シリーズ第13弾。ウッドハウス最晩年90歳の時の小説を本邦初訳。ジュニア・ガニュメ…

本多孝好『正義のミカタ』  ★★

正義のミカタ―I’m a loser 正義のミカタ―I’m a loserの他のレビューをみる» 本多 孝好 双葉社 ¥ 1,575 (2007-05) いじめられっ子の亮太は自分を変えようと「正義の味方研究部」に入部する。果たして亮太は変われるのか。いじめ、リストラ、格差。こんな社会…

本多孝好『チェーン・ポイズン』  ★★☆

チェーン・ポイズン (講談社文庫) チェーン・ポイズン (講談社...の他のレビューをみる» 本多 孝好 講談社 ¥ 730 (2012-01-17) 本当に死ぬ気なら、一年待ちませんか?人気絶頂のバイオリニスト、陰惨な事件の被害者家族、三十代のOL。三つの自殺に不思議な関…

津原泰水『ピカルディの薔薇』  ★★★★☆

ピカルディの薔薇 ピカルディの薔薇の他のレビューをみる» 津原 泰水 集英社 --- (2006-11-24) 頑迷な男を襲う白昼夢。(「夕化粧」)人形作家の恐るべき新作。(「ピカルディの薔薇」)鳥を彩る伝説の真相。(「籠中花」)饒舌に語られる凄絶な食。(「フルーツ白…

百田尚樹『風の中のマリア』  ★★☆

風の中のマリア 風の中のマリアの他のレビューをみる» 評価: 百田 尚樹 講談社 ¥ 1,575 (2009-03-04) 「女だけの帝国」が誇る最強のハンター。その名はマリア。彼女の身体はそのすべてが戦いのために作られた。堅固な鎧をまとい、疾風のように飛ぶ。無尽蔵…

米澤穂信『折れた竜骨』  ★★★★

折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア) 折れた竜骨 (ミステリ・フロ...の他のレビューをみる» 評価: 米澤 穂信 東京創元社 ¥ 1,890 (2010-11-27) ロンドンから出帆し、波高き北海を三日も進んだあたりに浮かぶソロン諸島。その領主を父に持つアミーナはある…

米澤穂信『ふたりの距離の概算』  ★★

ふたりの距離の概算 ふたりの距離の概算の他のレビューをみる» 評価: 米澤 穂信 角川書店(角川グループパブリッシング) ¥ 1,470 (2010-06-26) 春を迎え、奉太郎たち古典部に新入生・大日向友子が仮入部することに。だが彼女は本入部直前、急に辞めると告げ…

ジョー・ウォルストン『暗殺のハムレット』  ★★★★

暗殺のハムレット (ファージング?) (創元推理文庫) 暗殺のハムレット (ファージ...の他のレビューをみる» ジョー・ウォルトン (2010-07-27) ドイツと講和条約を締結して和平を得たイギリス。政府が強大な権限を得たことによって、国民生活は徐々に圧迫されつ…

ジョー・ウォルストン『英雄たちの朝』  ★★★

英雄たちの朝 (ファージングI) (創元推理文庫) 英雄たちの朝 (ファージングI...の他のレビューをみる» ジョー・ウォルトン (2010-06-10) 1949年、副総統ルドルフ・ヘスの飛来を契機に、ナチスと手を結ぶ道を選んだイギリス。和平へとこの国を導いた政治派閥…

本多孝好『at Home』  ★★

at Home at Homeの他のレビューをみる» 本多 孝好 (2010-10-27) そこは人がほんとうに帰るべき場所なのだろうか?ふぞろいで歪つな4つの家族とそこに生きる人々。涙と冷酷と波乱を存分にたたえたエンタテインメント小説。(Amazon) 春樹チルドレ…

津原泰水『瑠璃玉の耳輪』  ★★★☆

琉璃玉の耳輪 津原 泰水,尾崎 翠 時は昭和三年―名探偵・唐草七郎の一番弟子にして閨秀の女探偵・岡田明子のもとへ舞いこんだ、摩訶不思議な依頼。「三姉妹を探して下さい。手掛かりは、三人とも左の耳に、一粒の琉璃玉が嵌った白金の耳輪をしています」阿片…

P.G.ウッドハウス『サンキュー、ジーヴス』  ★★★★☆

サンキュー、ジーヴス (ウッドハウス・コレクション) P.G. ウッドハウス,Pelham Grenville Wodehouse,森村 たまき バンジョレレを習い始めたバーティーはご近所から苦情を浴びせられ、田舎のコテージで練習を再開。だがジーヴスにも辞められて新たな執事を雇…