Memoria de los Libros Preciosos

続きを読むとクリティカルなネタバレがあります

ハードボイルド

高村薫『レディ・ジョーカー』  ★★★★

『マークスの山』『照柿』と読んできてようやくの『レディ・ジョーカー』、聞きしに勝るとは正にこの事でした。わたしは活字倶楽部読者だったと申し上げたら伝わりますでしょうか。いやーとんでもなかった。とんでもなかった。びっくりした。下巻の終章には…

レイモンド・チャンドラー『ロング・グッドバイ』  ★★★★

ロング・グッドバイ (ハヤカワ・ミステリ文庫 チ 1-11) 作者: レイモンド・チャンドラー,村上春樹 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2010/09/09 メディア: 文庫 購入: 5人 クリック: 38回 この商品を含むブログ (83件) を見る 私立探偵フィリップ・マーロ…

レイモンド・チャンドラー『高い窓』  ★★★★

高い窓 作者: レイモンドチャンドラー,Raymond Chandler,村上春樹 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2014/12/05 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (8件) を見る 私立探偵フィリップ・マーロウは、裕福な老女エリザベス・マードックから、出奔した義…

レイモンド・チャンドラー『リトル・シスター』  ★★★★

リトル・シスター (ハヤカワ・ミステリ文庫) リトル・シスター (ハヤカワ...の他のレビューをみる» レイモンド チャンドラー 早川書房 ¥ 1,037 (2012-08-07) 「行方不明の兄オリンを探してほしい」私立探偵フィリップ・マーロウの事務所を訪れたオーファメ…

藤原伊織『ひまわりの祝祭』  ★★★★

ひまわりの祝祭 (講談社文庫) ひまわりの祝祭 (講談社文庫)の他のレビューをみる» 藤原 伊織 講談社 ¥ 864 (2000-06-15) 自殺した妻は妊娠を隠していた。何年か経ち彼女にそっくりな女と出会った秋山だが、突然まわりが騒々しくなる。ヤクザ、闇の大物、昔…

藤原伊織『遊戯』  ★★☆

遊戯 (講談社文庫) 遊戯 (講談社文庫)の他のレビューをみる» 藤原 伊織 講談社 --- (2009-05-15) 「現実とネットの関係は、銃を撃つのに似ている」。ネットの対戦ゲームで知り合った本間とみのり。初対面のその日、本間が打ち明けたのは、子どもの頃の忌まわ…

藤原伊織『名残り火』  ★★★★☆

名残り火―てのひらの闇〈2〉 (文春文庫) 名残り火―てのひらの闇〈2〉 ...の他のレビューをみる» 藤原 伊織 文藝春秋 ¥ 720 (2010-06-10) 飲料メーカーの宣伝部課長だった堀江の元同僚で親友の柿島が、夜の街中で集団暴行を受け死んだ。柿島の死に納得がいか…

藤原伊織『てのひらの闇』  ★★★★☆

てのひらの闇 (文春文庫) てのひらの闇 (文春文庫)の他のレビューをみる» 藤原 伊織 文藝春秋 ¥ 778 (2002-11) 飲料会社宣伝部課長・堀江はある日、会長・石崎から人命救助の場面を偶然写したというビデオテープを渡され、これを広告に使えないかと打診され…

藤原伊織『テロリストのパラソル』  ★★★☆

テロリストのパラソル (角川文庫) テロリストのパラソル (角川...の他のレビューをみる» 藤原 伊織 角川書店 ¥ 637 (2007-05) 史上唯一の、直木賞&江戸川乱歩賞ダブル受賞作! 新宿に店を構えるバーテンの島崎。ある日、島崎の目の前で犠牲者55人の爆弾…

藤原伊織『ダナエ』  ★★★

ダナエ (文春文庫) ダナエ (文春文庫)の他のレビューをみる» 藤原 伊織 文藝春秋 ¥ 525 (2009-05-08) 世界的な評価を得た画家・宇佐美の個展で、財界の大物である義父を描いた肖像画が、切り裂かれ硫酸をかけられるという事件が起きた。犯人はどうやら少女…

レイモンド・チャンドラー『さよなら、愛しい人』  ★★★★

さよなら、愛しい人 (ハヤカワ・ミステリ文庫) さよなら、愛しい人 (ハヤカ...の他のレビューをみる» レイモンド チャンドラー 早川書房 ¥ 1,028 (2011-06-05) 刑務所から出所したばかりの大男へら鹿マロイは、八年前に別れた恋人ヴェルマを探して黒人街に…

藤原伊織『てのひらの闇』  ★★★★☆

てのひらの闇 (文春文庫) てのひらの闇 (文春文庫)の他のレビューをみる» 藤原 伊織 文藝春秋 ¥ 778 (2002-11) 飲料会社宣伝部課長・堀江はある日、会長・石崎から人命救助の場面を偶然写したというビデオテープを渡され、これを広告に使えないかと打診され…

藤原伊織『ひまわりの祝祭』  ★★★★

ひまわりの祝祭 (講談社文庫) ひまわりの祝祭 (講談社文庫)の他のレビューをみる» 藤原 伊織 講談社 ¥ 864 (2000-06-15) 自殺した妻は妊娠を隠していた。何年か経ち彼女にそっくりな女と出会った秋山だが、突然まわりが騒々しくなる。ヤクザ、闇の大物、昔…

藤原伊織『ひまわりの祝祭』  ★★★☆

ひまわりの祝祭 (講談社文庫) ひまわりの祝祭 (講談社文庫)の他のレビューをみる» 藤原 伊織 講談社 ¥ 790 (2000-06-15) 自殺した妻は妊娠を隠していた。何年か経ち彼女にそっくりな女と出会った秋山だが、突然まわりが騒々しくなる。ヤクザ、闇の大物、昔…

藤原伊織『ダナエ』  ★★★

ダナエ (文春文庫) ダナエ (文春文庫)の他のレビューをみる» 藤原 伊織 文藝春秋 ¥ 510 (2009-05-08) 世界的な評価を得た画家・宇佐美の個展で、財界の大物である義父を描いた肖像画が、切り裂かれ硫酸をかけられるという事件が起きた。犯人はどうやら少女…

藤原伊織『遊戯』  ★★★

遊戯 藤原 伊織 「現実とネットの関係は、銃を撃つのに似ている」。ネットの対戦ゲームで知り合った本間とみのり。初対面のその日、本間が打ち明けたのは、子どもの頃の忌まわしい記憶と父の遺した拳銃のことだった。二人を監視する自転車に乗った男。そして…

藤原伊織『名残り日』  ★★★★

名残り火 (てのひらの闇 (2)) 藤原 伊織 堀江の無二の友人・柿島が殺された。その謎に満ちた死に疑問を持った堀江は調査に乗り出す。そこには流通業界に横たわる新たな闇があった! 著者の遺作となった長篇ミステリー。(Amazon) この著者が若くして死んで…

藤原伊織『雪が降る』   ★★★★

雪が降る (講談社文庫) 藤原 伊織 母を殺したのは、志村さん、あなたですね。少年から届いた短いメールが男の封印された記憶をよみがえらせた。苦い青春の日々と灰色の現在が交錯するとき放たれた一瞬の光芒をとらえた表題作をはじめ、取りかえようのない過…

藤原伊織『ダナエ』  ★★★

ダナエ (文春文庫) 藤原 伊織 世界的な評価を得た画家・宇佐美の個展で、財界の大物である義父を描いた肖像画が、切り裂かれ硫酸をかけられるという事件が起きた。犯人はどうやら少女で、「これは予行演習だ」と告げる。宇佐美の妻は、娘を前夫のもとに残し…

藤原伊織『てのひらの闇』  ★★★★

てのひらの闇 藤原 伊織 二人の男の道を決定づけたのは、生放送中のスタジオで発せられた、不用意な、しかし致命的な一言だった――。二十年後、その決着をつける時が訪れ、一人は自死を、一人は闘うことを選んだ。著者の新たな到達点を示す傑作。(Amazon) …

藤原伊織『ひまわりの祝祭』  ★★★★

ひまわりの祝祭 藤原 伊織 自殺した妻は妊娠を隠していた。何年か経ち彼女にそっくりな女と出会った秋山だが、突然まわりが騒々しくなる。ヤクザ、闇の大物、昔の会社のスポンサー筋などの影がちらつく中、キーワードはゴッホの「ひまわり」だと気づくが…。…

北方謙三『ただ風が冷たい日』  ★★★☆

ただ風が冷たい日 北方 謙三 「俺ができるのは、自分ひとりの命まで。それ以上のことはできないし、やれるとも思ってない」 「おい、聞いたかよ」 私が言うと、波崎が肩を竦めた。 「みんな、誰だって、自分の命以上のことはできはしない」 「生きてる人間は…

北方謙三『されど君は微笑む』  ★★★☆

されど君は微笑む 北方 謙三 「友だちだと思う男を、何人も何人も死なせた。惚れた女も、死なせた。そんな俺が、自分が生き残るために、カーテンなんか引けると思うのか?」 しゃ、しゃ、社長! 読み始めてすぐにこれじゃあ、動悸息切れを起こすってもんです…

北方謙三『いつか海に消え行く』  ★★★

いつか海に消え行く―約束の街〈5〉 北方 謙三 「俺は、もしかして一番厄介なタイプの男を同時に二人相手にすることになったのかな」 「心臓に弾を食らえば死ぬ。厄介でもなんでもないじゃないか」 死んで当然の男だ、と私は自分に言い聞かせた。死ぬことで、…

北方謙三『死がやさしく笑っても』  ★★☆

死がやさしく笑っても―約束の街〈4〉 北方 謙三 「俊一よう、男同士の同盟ってのは、こんな時に解消するもんじゃないんだ。相手がひどい状態の時に解消するのなんか、同盟とは呼べない、と俺は思う」 息が切れた。顔が強張ったようになった。俺だって。不意…

北方謙三『冬に光は満ちれど』  ★★★

冬に光は満ちれど―約束の街〈3〉 北方 謙三 「人を殺しても、殺したと思わずにいられそうだな、山南」 心のどこかを刺された。そう思えなければ、仕事は踏めない。 見返したが、群は笑っているだけだった。 いやあかっこいいね! 読み始めはそうでもないんだ…

藤原伊織『テロリストのパラソル』  ★★☆

テロリストのパラソル 藤原 伊織 ミステリよりもハードボイルドに分類した方が良いのかな……かっこいい男が二人出てくれば、私はもうそれだけで満足であります。ついでにかっこいい女(男よりも気が強そうな)がいると、本当にハードボイルドだと思います(ど…

浅田次郎『プリズンホテル 春』  ★★★★★

プリズンホテル 春 浅田 次郎 泣きに泣いた。性根の曲がった人間は皆これを読めばいいや。

浅田次郎『プリズンホテル 冬』  ★★★★★

プリズンホテル冬 浅田 次郎 ずるいよー。浅田次郎うますぎるよ。面白いよ。笑えるよ。泣けるよ。才能って、何だろう……。このシリーズ、全て手元において置きたいなあ。

北方謙三『たとえ朝が来ても』  ★★

たとえ朝が来ても―約束の街〈2〉 北方 謙三

浅田次郎『プリズンホテル秋』  ★★★★☆

プリズンホテル秋 浅田 次郎 「いえ、たとえどのような罪を犯されても、お客様の人生はお客様おひとりのものでございます。尊い、かけがえのない、誰のものでもない人生でございます。出会いがしらのパトカーなどにからめとられてなるものですか」 「タキシ…

北方謙三『遠く空は晴れても』  ★★☆

遠く空は晴れても 北方 謙三 「肉体は、どんなにでかくても二メートル。心は無限だ。わかるか?」 「なんとなく」 「嘘をつけ。おまえの頭でわかるわけがない。いいか、ソルティ。肉体が傷ついても、せいぜい二メートル分だ。それ以上だと、死ぬ。心は、無限…

浅田次郎『プリズンホテル』  ★★★★

プリズンホテル 浅田 次郎 安息という言葉を口にしたとき、ぼくはそれがふしぎなくらいこのホテルにふさわしいことに気付いた。 ヤクザが経営し、懲役がえりが訪れ、へんてこな従業員が不器用に世話をし、まがいものの調度品で飾り立てられたこのホテルが、…